カテゴリー「日々の雑談」の9件の記事

2015年1月12日 (月)

2015年

今年もよろしくお願いします。
次回、新年1回目のネタ記事はおせち料理に関したものを書こうと思います。

去年の流行と言えばやっぱり『妖怪』でしょうか。
幼稚園児が妖怪ソングを歌って歩いてる場面は良く見たし、紅白も大々的にコラボしてたし、同じく去年流行った雪の女王もきっと『雪女』という妖怪かもしれないし、号泣した元県議会議員も『悔し泣き議員』という妖怪かもしれない。
最後のは子泣き爺にかけたんだけど分かりにくい気がする。

年末になると毎回ポケモンカレンダーを売ってたハンバーガーチェーンでも、2015年版はポケモンを押しのけて妖怪カレンダーになってました。
「ピカチュウ先輩もお役御免か……」と初代ポケモン世代である自分は少しさびしく思ってたけど、最近入ってたクーポンチラシを見ると1月中のキッズメニューのおもちゃはポケモンらしいです。
まだ現役でいけるようだ。
ポケモンカレンダーは1回も買ったことないけど、なぜかほっとした気分になりました。

2014年10月26日 (日)

結局横文字はカッコイイ

近所にあるスーパーは敷地が狭い代わりに4階建てになってます。
地下1階と1階が食料品で2階から4階が生活雑貨。
建物自体は5階以降にも続いているのですが、もちろん4階から先の階段は関係者以外立ち入り禁止。
上り階段の前に看板と申し訳程度のバリケード(階段の手すりを橋渡ししただけのひも)が設置されてます。
まぁ当然ですね。

この前ふとその看板を見てみたら、立ち入り禁止のマークと共に「近づくとセンサーが作動しますのでご注意ください」と書かれてました。
センサー?こんなところに?
しかし階段の両端を見ても機械的な物は見当たらず。
ただの脅かしかな……とか思っていたらひもに鈴がぶら下がってました。2個。

Sencor

いや確かにセンサーっちゃセンサーだけども。
そして我ながら字が汚い。

次のネタ記事は来週あたりに公開します。
お待たせしました。

2014年9月 9日 (火)

月日は百代の過客にして

ちょっと最近小さい不幸やら大きい不幸やら降りかかってきて更新が停滞しております。
よく「盆と正月が一緒に来る」とか言いますがそれの真逆です。忙しいけど嬉しくないバージョン。

早ければ9月、遅くても10月には落ち着けばいいのですが。
それまで少々お待ちください。

2014年6月30日 (月)

時をかける塾頭

うんちくを語りながら食卓にキウイを出す母親に対して、「この話は百万回目だ」と娘役の子のナレーションが入る。
そんなキウイのCMが最近テレビで流れてます。



Q.娘を17歳と仮定した時、1日に平均何回キウイの話を母親からされれば百万回となるか現実的な範囲で求めなさい。ただし1年は365日とし、うるう年は考えないものとする。



単純に1日1回だとすると約2,739年かかります。
1日10回なら約274年。まだ多い。
1日100回なら約27年。
ということは、1日200回なら……1,000,000÷365÷200で約13.6年。

つまり……



A.娘は話を盛りすぎた。



いやだって8時間睡眠だとしてほぼ5分に1回だもん。ありえないもん。

なんでこんな話をしてるかと言うと、昔通ってた学習塾の塾頭をこのCMで思い出してしまったからです。
中3の夏休み直前の補講で「夏休みは全員1000時間勉強しろ!40日あるから可能だ!」と言い放ちある意味伝説となった人です。
ちなみに当時の僕は他の先生が指摘するまで全く気が付きませんでした。

さて次回は、カテゴリー検証・実験系記事の予定です。
7月上旬を予定。

Photo
▲うちのアジサイは紫と赤の中間。

2014年5月30日 (金)

趣味も人を盲目にする

「一番好きなテレビゲームは?」と聞かれたら迷わずに「ゼルダの伝説です」と答えてしまうくらいのゼルダ狂です。
8月に発売される、『三國無双』シリーズとコラボレーションした『ゼルダ無双』ももちろん買います。
最初はそんなのネタだと思って半信半疑だったけど。
しかも調子に乗ってトレジャーボックス(いわゆるプレミアムセット)を予約しています。
ちなみにセット内容は公開されてますが肝心の画像はまだ1枚もアップされてません。なのに予約した。
これでいいのだろうか。いいと思う。

さて次回は、カテゴリー「語源に迫るシリーズ」の予定です。
6月上旬を予定しています。

1
▲大量の落ち葉と戯れてきました。

2014年4月18日 (金)

トリックもメリーもあけましても

生きてます(なんて書き出しだ)。

ちょっとコレ(バイト)がコレ(人数不足で繁忙期突入)だったもんで……
10月~3月まではまさに目の回る忙しさでした。
その長らく勤めてきたバイトも3月末で終了し、ただ今絶賛就活中です。

近々就活の合間を縫ってひとネタ書くと思いますのでよろしくおねがいします。

ちなみにハバネロは結局芽も出ず、カボチャはうちに大きい鉢植えが無かった為実がつきませんでした。

2013年7月21日 (日)

俺がゴーヤでカボチャが俺で

5月に植えたハバネロの実がなりました。

Photo
▲逆光で全体赤みがかってますが真ん中に実があります。

なんかハバネロにしては大きくて緑色でゴツゴツしています。
でもあの鉢植えからちゃんと伸びています。
一般的にはゴーヤと呼ばれているそうですがうちではこれをハバネロと言っています。

……いや、やっぱり無理がある。
すいません、これゴーヤです。

うちでは毎年ゴーヤを育てており、その土をハバネロに使いまわしたのが敗因のようです。
しかし使う前にフルイにかけたので、ゴーヤの大きい種が残るはずはないのですが……



そして例年通り育てたゴーヤですが、こっちにも事件が。

Photo_2
▲左の茶色いのがハバネロを植えた(はずなのにゴーヤが生えた)鉢。右の大きい葉が……?

なにやら見慣れない葉っぱが生えてきました。
ゴーヤより明らかに太く大きいツタです。

かと思うと庭の別の場所から同じ植物が伸びています。
しかも花付きで。

Photo_3
▲謎の植物、地を這う。

この黄色い花、カボチャの花そっくりです。
……一般的にカボチャと呼ばれるようですが、うちではこれをゴーヤと(以下省略)

なぜかゴーヤを植えた鉢のうちの一つからはカボチャが出てきてしまいました。
庭から生えたのは以前親が植えたものらしいですが、鉢植えの方は全くの謎。



まとめると、
・ハバネロが出るはずの鉢からゴーヤが出た
・ゴーヤが出るはずの鉢からカボチャがでた

うちの庭で一体何が起きているのでしょうか。

2013年6月 8日 (土)

この種なんの芽気になる木

Photo_2

5年くらい前にもらったハバネロの種(5個水に浮いてる黄色いやつ)です。
うちでは入浴剤と植物の種は貰うと余る、と相場が決まっております。
余ると言うかめんどくさがりなので使ってないだけですが、だからと言って5年は我ながらやりすぎ。
とか思ってたら親は10年前にもらったキュウリ栽培セットを見つけたりしていて結局血は争えない様です。

こういうのは毎年蒔き時を逃すのですが、今回偶然にも蒔き時に種を見つけることができたので、とりあえず水に一晩漬けてみました。
たしかこうすると古い種も芽が出やすくなるとか言ってた気がします。
誰がいつどこで言ってたかは記憶にありません。それでいいのか。
とりあえず翌日植木鉢に全部蒔いてみました。



そして1か月。
元アイドルが離婚したり、サッカー日本代表が負けて引き分けてW杯進出を決めたりしてる間に、

Photo_3

1つだけ芽が出ました。



ところで今更ハバネロ食べた!って大して珍しい話でもない気がします。
ハバネロブームを呼んだお菓子は2003年発売。
おそらく今検索すれば食べたレポートや食べるところの動画はバンバン出てくる気がします。
なので今育ててるのは完全に個人的興味。
しかしながら、「みんなやってるから」とか、逆に「誰もやってないから」とかの理由に比べたら「自分がやりたいと思ったから」というのが行動の理由として一番美しいと思いませんか。

と、良いこと言ったつもりですがフリーターなのでその生き様を語ってる風に見えてしまい全く説得力がありません。
そもそも美しい理由ってなんだ。



噂によるとハバネロの実を素手で触ると大変らしい……
そしたら噂どころか種の説明書に素手で触るなと書いてました。マジか。



こんどは枯らさないように育てようと思います(5年前実は1度失敗した)。

2013年3月 6日 (水)

四国上陸

初めて四国へ行ってきました。

自分にとって四国で思い浮かぶのは、小学生の時に読んだ児童図書『冒険者たち』3部作の『ガンバとカワウソの冒険』です。
折しも昨年、ニホンカワウソは絶滅種と認定されてしまいました。

作中では四万十川が重要地点となっています。
もちろん今回四万十川も見てきました。
が、ガイドさんに「四万十川の見どころは見どころが無いところ」とまるで禅問答一歩手前みたいな事を言われました。
うそん。
まぁ川に見どころを求めるのが間違ってるんでしょうけど。

という事で四万十川の風景でお別れです。

Photo
▲本当に四万十川?と言われてもそうです、としか言えない。

その他のカテゴリー