« ちょろぎのねじれを数える | トップページ | ゲルシートで安全スマホケースを作る »

2015年11月23日 (月)

ヒカリエに現代ハロウィンを探す

2f01_2

渋谷に仮装した人々が集まる日、ハロウィン。
今年もテレビでその様子が取り上げられた。

しかし近年の仮装を見ていて思うことがある。

「その仮装、ハロウィン関係なくない?」

本来子供がお化けや怪物の格好をしてお菓子を集めるものだったはずだが、気付けば仮装大賞である。
ラグビーの五郎丸選手やお笑い芸人の格好をしている人も。
それは忘年会でやるコスプレな気がする。
携帯電話がガラパゴスケータイと呼ばれたように、ハロウィンも日本に来て独自の進化を始めてしまったようだ。
もう僕の知っているハロウィンはいないのかもしれない。10月最後の週、焦った僕は日本のハロウィンの中心地・渋谷である調査を始めた。

雑貨店ではクリスマスやバレンタインなど、イベントシーズンでは集客を狙ってキャンペーンを行っている。もちろんハロウィンも例外ではない。
その際チェーン店などはしっかりしたデザインのポスターや店頭ポップを用意することがある。
当然、そのイラストにはクリスマスだとサンタやツリーの、バレンタインだとハートやチョコレートのデザインが含まれている。
そこで思ったのは、「渋谷のお店なら、ハロウィンの時期に従来のデザインから超越したデザインの広告があるのではないか?」ということだ。
なにせテレビで見た渋谷の仮装の人の3割は幽霊や怪物ではない仮装をしているのだ(自分調べ)。
ならお店のポスターも変化してくるはずである。

今回調べるのは2012年開業した渋谷ヒカリエ。
正直渋谷の事は良くわからないので話題の商業施設に狙いを定めただけだったりする。
今回はこの中からガラパゴス化したハロウィンのポスターやポップを探すのを目的とする。
ハロウィンを翌週に控えているのでさぞやハロウィンハロウィンしているだろう。なにせ渋谷なんだから。

Hikarie
▲あいにくの曇り空。

○B1F

B1f01
▲蜘蛛、11匹。

エスカレータを降りたらいきなり目当てのポップがご登場。デザインは蜘蛛。
この辺は普通のハロウィンっぽい。

B1Fには輸入菓子やシャンプー等を売っている総合的な雑貨店があり、ハロウィンらしいお菓子も売っていた。
ポップも数あるがどれもコウモリやお化けと言ったオーソドックスなデザインだ。

B1f02
▲お化けのポップはとてもカワイイ。

○1F

フレグランスのお店が並ぶ1F。しかしハロウィンのポスターやポップは見つからず。
あれ、そこまでハロウィン漬けじゃない?

○2F

ファッション売り場が並ぶ2F。洋服売り場だとあまりハロウィン関係ないかなーと思っていたらかなり気合の入ったポスターを発見。

2f01
▲コウモリにお化けにカボチャ。もりだくさん。

また同じ2Fの別の店ではこんなポップも。

2f02
▲シンプル。

魔女のホウキだけというシンプルなデザインだけど、オレンジと黒の2色構成がハロウィン感を出していてわかりやすい。

2f03
▲フロアガイドもオレンジと黒でハロウィン仕様!……と思ったけど普段からこうかもしれない。

○3F

こちらもファッション売り場がメイン。でもポスターやポップは無し。
天気と同じように企画の雲行きも怪しくなってまいりました。

ちなみにこの階には女性用下着でおなじみのワコールがある。
探すのに夢中になるあまり、うっかりそこに単騎突入しそうになった。危なかった。

○4F

ファッション以外に旅行用品やアウトドアのお店が並ぶ。ここではバッグ売り場に通常のハロウィンポスターが1枚。

4f01
▲やはりオレンジと黒。こちらも結構凝ってる。

○5F

食品やインテリアの売場が並ぶ階。こういうところこそハロウィンパーティで盛り上げそうだが特に見つからず。
それどころかクリスマスツリーのオブジェが。

5f01
▲まだ10月ですよ。

○6F・7F

6F・7Fはレストラン。
ちらほらカボチャの置物が見えるが、これと言って目立つものは無し。

6f02
▲韓国料理屋にジャックオーランタンがあるとなかなかシュール。

○8F

イベントやアートギャラリーのある階。
展示スペースということもあり今回一番期待していたのはこの8Fなのだが、なんとハロウィン関連の展示物は一切無し。なんということでしょう。

8f01
▲渋谷ってもっとハロウィンハロウィンしてると思ってたよ。

 

・結果

いくら渋谷でもお店のハロウィンは普通だった。
ヒカリエなんか上から下までハロウィン漬けだろうと思っていたがそれも違った。
とりあえずまだハロウィンがただの「コスプレの日」にはなっていないようで安心した。

Ex
▲こちらはスクランブル交差点方面にある渋谷マークシティ内のトイレ。ハロウィンの2週間前から貼られたそう。

« ちょろぎのねじれを数える | トップページ | ゲルシートで安全スマホケースを作る »

検証・実験系記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1770386/62345245

この記事へのトラックバック一覧です: ヒカリエに現代ハロウィンを探す:

« ちょろぎのねじれを数える | トップページ | ゲルシートで安全スマホケースを作る »